ブログランキングに登録しましたぴかぴか(新しい)
預かり犬や里親を探しているワンコたちのことを多くの方に知っていただくためにも、
ぜひ1日1回1クリックご協力ください犬(笑)ぴかぴか(新しい)
botanhana.gif
                                    
下下下センター見学の記事のバナーです
リンクの際にお持ち帰りください
syobunn 11.jpg syobunn 22.jpg

2012年11月13日

一ヶ月経ちました

2012年11月13日


てつが亡くなってから今日で一ヶ月が経ちました


もう一ヶ月?

まだ一ヶ月?


短かったのか長かったのか、よくわからない日々でした


約一ヶ月も経ってのブログ更新になってしまいました
たくさんの方にてつに素敵なお花やメールやお便りを頂いたいたので
ホントはすぐに書かなくちゃと思っていましたが・・・

ブログに書くとなると、どうしても辛くなってしまって
どうしても書くことができませんでした

心のこもったコメントやメールを頂いていたのに
レスやメールのお返事をかくことなく、そのままになってしまっております(汗)
本当に申し訳ありません
書かなくちゃと思うんだけど、指が動かなくて・・・
こういうことにまだ気持ちがいかなくて、ほんとにダメだなと思います
本当に申し訳ありません
できるだけ早くすこしづつでもお返事していきたいと思っていますので
もう少しだけご容赦くださいませ


ホントは今でも文章にすることはやはり辛いので・・・・どうしようと思っていたんですが
いつまでも逃げているようで、これではいけないなと思って
一ヶ月目の月命日を期に、せめてブログだけでもと書いてみることにしました


しかし、余談ですが
奇しくも今日、右手人差し指の爪が生爪剥がれちゃって、キーボード押すたびにちと痛く・・・(泣)
なんでこんな時に〜〜ほんとなんてことでしょう(´;ω;`)
猫のどんべがテレビキャビネットの裏に入り込もうとしているところを捕まえようとして
捕まえそこね、手元にあったフェンス(猫が入らないように立てかけてたんだけど・・・)に爪が引っかかり、ばりーっと派手に生爪剥がれました

たぶん爪の中ほどまで剥がれているとおもう
爪はおおいっきり割れているし・・・
さいごに見たときは中から出血してたぞ〜〜
もう今は怖くてその部分見れない(´;ω;`)

とりあえず絆創膏2枚で爪を抑えてこれ以上剥がれないよう・くっつくように止めていますが
キーボード押すたんびに剥がれた部分がぐらぐら浮く感じですごい怖いです(汗)
人差し指使わないで押せればいいんだけど、10本指使うことに慣れているので無意識に人差し指が出るので止められないひぃぃ

とはいえ、思い立ったらなんとかなので頑張って書きます
まあ、こうなって指に気が行くので、書いてても、いちいち痛いので
だいぶ気が紛れる?ようで、精神的にはなにげにいいかもしれないです(汗)



まず何から書こうかな
何を書いていないんだったっけ・・・


ああ、そうか、そういえば亡くなった日のこと書いてなかったかな



亡くなった11月13日は、朝から少し息が荒くて(12日の夜からですが)
前日から自分で水を飲むことができないくらい頭も上げられなくて
お水と食事は注射器で飲ませたりしていたんだけど
どんどんそういうことができなくなるほど、こくんと自分で飲むことが難しくなっていて
朝にはほんの少量のお水をお口に入れても、口から流れるだけで飲めなくなっていました

こうなると大事なお薬ももう飲ませられなくて
呼吸も荒いし、心配になり
みんなの朝ごはんを食べさせたあとすぐに病院に向かいました

病院について見てもらうと、誤嚥性の肺炎になっていました
誤嚥させてしまったんです、わたし・・・

慎重に慎重に流動食とそれに混ぜたお薬を少しつづお口にいれていたつもりだったのに・・・

てつの体がどんどん弱っていき,飲み込む力がどんどん弱まってきていたから
こうなることは時期尚早でしょうがないことだというのはわかるのだけど

わたしのせいでてつによけいに辛い思いをさせてしまったことが自分で許せなくて
そのことだけは今でも私は自分を責め続けています

とにかく肺炎で呼吸が荒くなってしまっていたんですね

もうなにも飲み込めない状態だったので、お薬も飲ませられない状態になり・・・

もう出来ることはといえば、肺炎の抗生物質を注射してもらうだけしか
やることはもうなにもありませんでした

あとは夜に先生が自宅まで点滴をしにきてくれるというはなしになったんだったっけ?


私はその時だいぶ取り乱して、非常に泣いて止められず
私が泣き止んで落ち着くまで、病院の奥のお部屋を開けてもらって
てつといっしょにしばらくその場所にいました

てつはというと、不思議と呼吸の感じが穏やかになっていました
前日も病院に来たとき、うちにいるときよりも気がしっかりしている様子を見せていたし
どうやら病院にいると気持ち調子が上がる?そんな感じでした

てつの呼吸も穏やかになってきたし
わたしも、まだ泣いていたけど、多分運転はできるかなと思えるようになったので
先生に言って、自宅に連れて帰ることにしました
たぶん、てつのこのときの様子ではもう今日明日・・・といった感じだったので
最後は自宅でみんなで看取ってあげたいというのもあったので・・・

それで、寝かせたままベッドごと車に運ぶので
先生に手伝ってもらって,てつを車にのせたんですが、その瞬間?に
先生が「(てつの様子が)やばいかも」といって、すぐに診察室に戻りました

診察室に戻り、先生に診てもらうと、てつの心臓は止まっていて
神経反射で口が動いているという状態でした
もう最後ということで、私の腕の中で送ってあげたかったので
てつをだっこして、最後を看取りました

それがてつの最期の時となりました


自宅でおくってあげることはできなかったけど、長いことお世話になった病院で
優しくしてくれた先生方や看護師の皆さんにも看取ってもらうことができたのはよかったと今は思っています
きっとてつがそうしたかったからなのかもしれないですね

完全に動かなくなったしばらくあとに、先生と一緒にてつをきれいにしてあげました
弱ってから2ヶ月はシャンプーもできなかったから
久しぶりのシャンプーになりました

きっとてっちゃん、洗って欲しかったんでしょうかね
だから病院でいこうと思ったのかな

丁寧にドライヤーで乾かして、くしを入れてピカピカに綺麗になりました

ほんと、まるでただ眠っているように安らかなお顔をしていました


思ってみると・・・

てつは最後の最後まで、ずっと安らかでした
なくなるその瞬間も、「え?うそでしょ?」ってくらい苦しまないで(そうみえました)ふぅ〜っと静かに眠るように息を引き取りました

亡くなる前日の夜からは、すこしだけ呼吸が荒かったけれども
でも、どこか痛いとか苦しいとか・・・
そんな風には全く見えませんでした、私の目には・・・

ただ、犬は痛みや苦しみにすごく耐えるというか、痛みに強いんです
見た目ではわからないところで、多分苦しいとか、ほんとはあったのかもしれない・・・

それはほんとにわからないのだけど、
そういう辛さや苦しさをわたしに感じさせないでいてくれたことは
今は私の心の痛みを和らげているひとつだと思います

てっちゃんは最後の最後まで、親孝行をしていっちゃったね・・・・



実は次の日の14日は、ネイリスト技能検定2級の試験の日だったのです
その日のために、私は数ヶ月寝る間も惜しんで、一生懸命ネイルの勉強をしてきました
でも前日の朝には、今の状態のてつをおいては出かけられないと思い、
2級の試験にはいかずに、てつのそばにいようと決めていました。
この日のためにずっと練習に付き合ってくれた当日ハンドモデルの青木さんやナツさんには本当に申し訳なかったのですが・・・

だって、置いていったとしてもてつのことが心配で試験なんかに身が入らなかったでしょうしね・・・


でもてつは逝ってしまいました、試験の前日に・・・


ほんとは・・・
ほんとは、行きたくないなって気持ちもありました
てつがなくなって数時間はあまりにも悲しすぎてそんな気もならなかったんだけど

でも時間が経てば経つほど

不思議なんだけど、

まるで、
ほんとにまるで、「ぼくのことはいいから行ってこい、心おきなく頑張って来い」って、てつに言われているような気がしたんです

私が勝手に都合よくそう解釈しただけなのかもしれないけど
でも、その時はほんとに漠然とそう感じたのです。

一生懸命ネイルの練習する私の足元にはいつもてつがいました
私が頑張ってきたのをずっとずっと見守っていてくれた・・・そんなてつだから

まるで私を試験に行かせるために前日という日に行ってしまったみたいにまで感じました

今思うと、前日より前にてつがなくなっていたら、
きっとわたしは試験を受ける気にはならなかったでしょう・・・

日一日経てば経つほど、てつのいない日々が辛くて悲しくて寂しくて
どうしようもなくなってきたからね・・・

前日という、まるでまだてつが生きているように感じてしまう、夢現な日だったからこそ
私は試験を受ける気になれたんだと思います


そう、わたしはビックサイト(試験会場でした)に行き、きちんと試験を受けてきました


亡くなったてつが絶対私のそばについてきていると思っていたから
すごく心強くて
そのおかげで、ほとんど緊張もせず試験をやり切ることができました
てつの毛をいれたお守りをポケットに忍ばせて・・・

まだ結果はわかりませんが(11月後半らしいです結果がわかるのは)、てつがなくなる一週間前あたりから気もそぞろで
試験勉強もほとんど出来ていなかった割には自分でも驚くほど緊張せずに
結構いい感じに仕上がったんではと思います


こう考えるとやはりてつが私を導いてくれたのでしょうね
そうとしか思えないほど、肩の力が抜けて、落ち着いて試験に挑めたんでしょう。


結果はどうなろうとも、悔いはないです
そう思えるのも全部てつのおかげです
もしあの難関な試験に受かっていたとしたら、それこそほんとにてつのおかげだと思います
(合格率は全国で約30〜40パーセント台という大変厳しい難しい試験です)



あれから、一ヶ月が経って・・

私もだいぶ落ち着いてきて、徐々に徐々に前向きに過ごせるようになってきました

そろそろ、一年以上てつと一緒に通ったJOY動物病院にもいけそうかな・・・

亡くなって一週間過ぎたあたりで、一度病院に行ったんですが
病院へ行く道を運転していると、自然と涙が出てともらなくてね・・・

まあ、長いあいだてつと一緒に通った道だからね

その道を行くとき、運転している私の隣にてつがいないことに
まだ慣れなくて、寂しくて寂しくてね
ああ、これはしばらく病院に行くのが辛いや・・・って、それからは全然病院に行けてなかったけど
そろそろお薬を取りに行きたいし、玉ちゃんや最長老のひめちゃんのオゾン療法も開始したいし、
猫たちの爪切りとかもしたいしな〜

今日頑張って行ってみるかな
もう大丈夫かな


てつはほんとに最後の最後まで辛い顔を見せないでいてくれたから
その後の私の精神状態も、てつのおかげで全然落ち着いていられていると思います

一年一ヶ月と13日・・・・
苦しい顔を私に見せずに頑張り、頑張りきったてつ
最後まで安らかでいてくれました

そのおかげで私はとても救われていると思います


でもふとしたとき、
たとえば、ほかのうちの子達が寝ている姿を見るときに
そこにてつがいない・・・

「ああ〜てつ、もういないんだなぁ〜」って、ふとした瞬間に思い出したように
ひどく寂しくなる時があります

ダックスの中でただひとりのブラックタンだもの
その存在感はすごく大きかったんだなぁ・・・


思ったよりも気丈ではいられるんだけど
さみしいのはやっぱりすごく寂しい



天国ではパパ@つなちゃんにも会えたよね
ほかの先に逝ったお友達もいっぱいいるもんね
大勢の仲間がいっぱいいるから寂しくないね?
同腹のおねえちゃんもひとり、先に行っているからちびのころ以来の再会もできた?

辛かった重い体から抜け出て
今は身軽に大好きなおもちゃ遊びもしているんだろうね


だけど逆に亡くなった日からは、もうてつはきっと私に
どこまでも一緒についてきているんじゃないかな?
なーんてどうしても思ってしまいます

あのストーカーの甘えん坊くんなら絶対そうだと思う

ネイルスクールでも、買い物でも
どこでも一緒についてきているよね?てっちゃん


そう思えば、さみしさも少しは和らぎます


前を向いていかなくちゃね・・・

ほかの子達もいるから、やらなくちゃいけないことがいっぱいだものね


だから、てっちゃん
もう心配しないでいいからね


てつ、てつ
ほんとにほんとにありがとう
ずっとずっと忘れないよ

そしていつか必ずもう一度会えるね?

それを楽しみに、私は生きていくからね




最後に、
てつのためにみなさんのお気持ちをありがとうございました

すごく多くの方に死を悼んでもらえたてつはすごく幸せな子でした

本当にありがとうございました


またこれからも、すぐにってわけにはいかないかもしれないけど
ほんのたまにはまたブログの更新もしていけたらなと思っています





2012 10 14_8510.jpg


13日、病院からかえってきたてつです
綺麗にシャンプーしてもらって、まるで今にも息を吹き返しそう
っていうか、ただ寝ているようにしか見えませんでした



2012 10 14_8515.jpg


開いていた瞳はわざわざ素そのままにしてもらいました
おうちに帰ったら、きっと見たいものがいっぱいあるだろうなって思って

2012 10 13_8552.jpg


亡くなった日の午後にはナツさんオットさんがお花をテツに会いに来てくれました
このおかげで私もずっと泣いて過ごすことがなくて
ほんとに救われました
ありがとう、テツに会いに来てくれて



2012 10 13_8538.jpg


亡くなったその夜には病院の先生方がお花を持ってもう一度てつに会いに来てくれました
先生方に看取ってもらえて、寂しくなくてほんとによかったです
てつは幸せでした
長いこと、てつのために手を尽くしてくださり、本当にありがとうございました



2012 10 15_9499.jpg


15日、凛蓮のママがお仕事帰りにお花や差し入れ持って
てつにあいにきてくださいました
いつもいつも辛い時に一生懸命駆けつけてくれてホントにありがとう
すごく嬉しかった



2012 10 16_9497.jpg


ジルちゃんママもお花を持って会いに来てくださいました
久しぶりにお会い出来てとても嬉しかったです
ありがととうございました



2012 10 17_9396.jpg


亡くなったのが13日でしたが
すぐに火葬する気になれず
結局火葬することにしたのは17日でした
その間痛まないように保冷剤で冷やしまくりました



2012 10 17_9388.jpg


義姉がてつのために焼いてくれたてつ型のパンです
天使の羽がついていてすごく可愛かったです
てつとともに火葬させてもらいました
こんな可愛いお供えをありがとう




2012 10 17_9453.jpg


深大寺に火葬しに出発するときのてつ
ねこたちもいぬたちも皆、生身のてつへ最後にちゃんとご挨拶に来ていました



2012 10 17_9484.jpg


深大寺には卒業犬こむぎちゃんとお兄ちゃんわんこのきなちゃんが
お花持ってママと一緒に駆けつけてくれました
一緒にてつをお見送りしてくれてほんとにありがとうございました
おかげで沈んでしまう気持ちが少しのあいだだけでも楽しい気持ちになれました



2012 10 17_9465.jpg


深大寺には私の母と叔母、そしてワンコ代表としてひめをつれていきました
ひめはてつのママですからね
てつはママよりも先に行っちゃって・・・
ひめママはてつのぶんもさらにさらにながいきしなくちゃね




2012 10 17_9471.jpg


火葬ちょくぜんのてつです
生身最後のてつでしたs




2012 10 17_9488.jpg


お骨になって帰ってきたてつです



2012 10 17_9491.jpg


おかえりなさい、てっちゃん



2012 10 18_9375.jpg




2012 10 20_9345.jpg


日、一日とみなさんからいただいた綺麗なお花が増えていきました





2012 10 14_8527.jpg


ナツ家からいただきました


2012 10 14_8528.jpg


JOY動物病院先生方からいただきました



2012 10 15_9502.jpg


凛蓮ちゃんママからいただきました



2012 10 16_9498.jpg


ジルちゃんママからいただきました



2012 10 17_9391.jpg


もも獣おかんからいただきました



2012 10 17_9486.jpg


冬&おかざくさんからいただきました
ふゆさんには11日にお会いした時にも新たにお花をいただきました


2012 10 17_9487.jpg


きなここむぎちゃんママからいただきました



2012 10 18_9378.jpg


直美さん&まやちゃん@ロミーママたちにいただきました
直美さんてつにあいにきてくださりありがとうございました



2012 10 20_9349.jpg


卒業犬ピッコリンママからいただきました



2012 10 20_9347.jpg


Fakeさんからいただきました
Fakeさんの愛犬バビちゃんはてつより一週間ほど前にリンパ腫で亡くなられていました
同じような時期に癌になり、一緒に闘病生活頑張ってきた同志でした
バビちゃんもほんとによくがんばったね




2012 10 20_9363.jpg


トナちゃんママよりいただきました



2012 10 26_9248.jpg


いつもトリミングしていただいているヤマザキカレッジサロンの皆さんからいただきました



2012 10 28_9241.jpg


TWORUNDOTTの青木さんから頂きました
青木さんにはネイルのハンドモデルになってもらって
たくさんの練習につきえってもらい、そのときにてつのこともたくさんかわいがっていただきました
てつの最後の輸血(五回目)には愛犬ボンちゃんの貴重な元気な血液をありがとうございました
そのときにてつはものすごく元気が回復して
最後の日々の中では一番たくさん食べて穏やかで安らかな時間を過ごすことができました



2012 10 30_9239.jpg


卒業犬花梨ちゃんママからいただきました


みなさん、ほんとうにありがとうございました
お気持ち本当に嬉しかったです
たくさんのお花に囲まれて、てつはお花畑にいるみたいでした
わたしの心もとても癒されました
ありがとうございました




最近のうちの子達はというと




2012 10 17_9428.jpg

2012 10 25_9292.jpg

2012 10 17_9420.jpg


猫たちもみな元気です
ジョニーは相変わらずすごい食いしん坊さんだし
どんべもあいかわらずいろいろやらかしています(私の生爪の原因だし・・)
てつと犬猿の仲?だった黒猫ひなちゃんはね、てつがいなくなってから
やっぱりのびのびとしている感じだよ^^;
地面にいてももうてつに追いかけられることがないのをちゃんと理解しているんだね




犬たちもみな元気にしています
てつがなくなって帰ってきたときは
みんな寄ってたかって、その様子を見ては散り散りに散っていき・・・
ちゃんとてつの死というものをしっかりと受け入れているようでした


2012 10 25_9258.jpg


てつがいなくなったあとのダックス軍団はだいぶ地味にこじんまりとしてしまったけど
ほかのみんなはげんきです



2012 10 25_9266.jpg

2012 10 25_9304.jpg


てつがいなくなってからはじめてのシャンプー日の写真
やっぱりなにか・・・足りないんだけど
前向いていかなくちゃね




いままでてつのおうえんをありがとうございました


2012 05 20_6201.jpg


てつ「みなさん、ほんとにありがとう。」
みなさんからたくさんのお気持ちをいただき、てつはほんとうに幸せな子でした


ニックネーム 華ママ at 04:00| Comment(4) | TrackBack(0) | うちの子日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
華ママさん、辛いのに更新ありがとう。
てつちゃん、よう頑張ったなぁ。
ありがとう!
華ママさんの気持ちが解り過ぎて何て書いてエエのか解らん。。。
けど時を同じくして同じ病気と戦って、1週間違いで逝ってしもたなんて信じられん気がします。
ウチも同じことしてます。
バビの毛をお守りに入れて俺以外の家族は持ち歩いています。
俺は何となく横に居る気がして持ってません。
今頃てつちゃんとバビ、向こうで会って飼い主の話してるかも知れんなぁ。

Posted by Fake~ at 2012年11月13日 20:45
てつ君本当に頑張りましたね。
我が家の愛犬も18日前に12歳で旅立ちました。

その時の事が重なって号泣してしまいました。

改めててつ君のご冥福をお祈りします。
Posted by しのん at 2012年11月14日 22:00
てつくん、逝ってしまったのですね。
ブログではずっと元気そうだったので、
久しぶりにブログに遊びにきててつくんが亡くなったことを知り、ただただ驚いています。

てつくんは、ホントに華ママさんのことが好きだったんですね!
最後に華ままさんに力を授けて旅立ったんですもの。
華ママさんは絶対ネイル試験に合格してますよ!

きっとてつくんがずっと華ママさんのそばにいて応援してくれているでしょうから、ネイルの方も頑張ってくださいね。
Posted by チャココ母 at 2012年11月14日 23:44
ご無沙汰してます。
春香、菜々のあねです。

てっちゃん、本当にがんばりましたね。。
ブログが更新されていないのを見て、心配していたのですが。。
1年1ヶ月も病気と闘って、本当にがんばりやさんですね。きっと華ママさんと少しでも長く一緒にいたかったんですね。

うちの前のわんこ、その前のわんこがなくなった時を思い出し、ブログを号泣しながら読みました。

前に一度お宅に伺った時は、てっちゃんは地下にいて、会えなかったのが残念です。

まだまだツライ日々が続くと思いますが、(もうだいじょうぶと思うと思い出してまた泣いてを繰り返しちゃうんですよね) がんばってくださいね。

駒井友香
Posted by はるななねえちゃん at 2012年12月06日 22:31
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3331481
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック