ブログランキングに登録しましたぴかぴか(新しい)
預かり犬や里親を探しているワンコたちのことを多くの方に知っていただくためにも、
ぜひ1日1回1クリックご協力ください犬(笑)ぴかぴか(新しい)
botanhana.gif
                                    
下下下センター見学の記事のバナーです
リンクの際にお持ち帰りください
syobunn 11.jpg syobunn 22.jpg

2010年02月26日

ラッキーボーイ

2010年02月26日





<ラッキーボーイ>



お手伝いしている保護施設の犬猫たちのHPです
里親様募集中です
↓↓
sippo_banner200_1.gif

(↑バナーをクリックするとHPに飛びます)



マリアハーネスでおなじみのTWORUNDOTTさんのHPバナーが出来上がりましたぴかぴか(新しい)

↓↓↓
baner-01.jpg

(↑バナーをクリックするとHPに飛びます)

HPリンクの際には↑こちらのバナーを使ってねー♪


そしてTWORUNDOTT新商品のドッグフード「Dott’s Diner」の
商品ページに直接飛ぶバナーもできましたよー♪
↓↓↓

df-baner200.jpg

(↑バナーをクリックすると商品ページに飛びます)



「犬と、いのち」絶賛発売中です

↓↓

かわいいかわいいかわいいかわいいかわいい




↑amazonでも販売しております


25日木曜日、ももママさんたち渡辺眞子さんと一緒に
2度目の定点に行ってきました。
今回は2か所の定点現場を回るコースでした



一か所目ではまだ若そうな猫ちゃん3匹の放棄がありました。
3匹とも同じお家で飼われていたのに処分に持ち込まれました。
その人たちは定点回収に持ち込む常連のようになっていたそうです。
今まであわせて15匹の飼い猫を殺処分に出したんです。
この3匹の子たちは最後の子たちだと言っていました



2010 02 25_7540.jpg


ふたつの段ボールに入れられ連れてこられた猫たち


その中を見ると



2010 02 25_7547.jpg


頑丈なゴミ袋の口を固く結ばれた状態で入れられていた猫たち



2010 02 25_7562.jpg


このゴミ袋はハサミで切ることもできないくらい頑丈なものでした。
これでは酸素も通らないから、入れられている間
どんなに苦しかったことでしょう
職員さんが「段ボールに入れられたままではかわいそうだから
ご飯をあげてケージに入れてあげよう」と言って中を確認していなければ
センターに着く前に
もしかしたらこの中で死んでいたかもしれない
同じ人間のやることだとは思えないほどの、あまりに残酷なことに
胸が苦しくなるものでした。




2010 02 25_7575.jpg


三毛猫の、まだ幼さの残るかわいらしい子たちでした
ようやく出してもらった猫たちは
あまりの恐怖からかケージの中を飛び跳ねてパニックに陥っていました
処分になってしまうことを知りながらも見送ることしかできませんでした
心の中で謝ることしかできませんでした
そして今まで15匹の猫たちを処分に出した飼い主を呪うことしかできませんでした



鬱鬱としながらも、私たちが預かれる目当ての子犬が来ないかと2つの定点現場で
待ちかまえましたが、
なんと2か所とも犬の持ち込みはなく、空振りに終わりました

2か所目のところは放棄犬猫がいないことがないといわれるほど
放棄の多い現場だったのに・・

あまりに「こいぬはいねぇが〜〜?」と意気込んでいたのがいけないのだろうかと思ってしまうほど
先週に続き空振り・・・

でもこのままで帰るのはあまりにもったいないということで
みんなで話し合い、譲渡対象の子犬がいたら貰えるかもしれないという望みを持って
愛護センターまで行ってみようということになりました。


センターに行ってみると、
その地域のセンターにまだボランティア登録をしていなかった私たちには
子犬を出してもらうこともできずに終わりました。
あきらめつつその場を帰ろうかと話し合っていたところに

一台の軽トラックがセンターの敷地に入ってきたのでした。
目ざとい私たちはトラックの助手席に乗った子犬の姿をみて
「あれはまさか・・・?」と思っていたら、

案の定、トラックからはおじさんだけ出てきたので
これは放棄だろうとももママさんと一緒におじさんに話しかけました。
「あの車に乗っている子はどうしたの?」と聞くと

おじさん「畑で弁当食べてたら、この子犬が寄ってきたので
弁当あげたら懐いてついてきちゃったんだぅ」と言う。

わたしたち「じゃあ、この子どうするの?センターに持ち込みに来たんだ?」と聞くと

同意の返事。

そこで私たちはすかさず、「じゃあ私たちがこの子を貰ってもいいね?」

そして同意の返事。

この子を連れてきたおじさんといろいろ話してみると
センターに持ち込めば苦しんで命を絶たれるということを知らなかったようで
おじさん「じゃあ、黒い子犬がいたら貰って帰るべ」と言ってました^^;

「あれ?じゃあこの子は飼えないの?」って聞いてみたら
おじさん「これは赤毛だもの。黒がいいんだ〜」って返答が(汗

でもまあ、それでもセンターの職員に黒い子犬を貰おうと話をしに行ってくれるだけでも
いい人だったってことなのかな?(汗
(結局黒い子犬はいなかったらしくもらうことがなかったけど)



そんな感じで
すごいタイミングで命が救われたこの超ラッキーな子犬。
私たちがこの時間この場所にいなかったら確実に次の日もしくは数日後には処分
になっていただろう

きっとこの子に会うために
先週雪で中止になり
2か所の定点現場が空振りだったんだなーと
思わずにはいられないほどのドラマチックな出会いとなりました

その子はうちで預かることにしました
軽トラの中のこの子を見たときから、放棄だったら
私が持っていこうと思っちゃったんです


2010 02 25_7591.jpg


この子が
幸運の神様に祝福された超ラッキーボーイです
ほわほわの超柔らかな茶色い毛の持ち主で
とっても大人しい子。
おじさんが言うにはこの子ともう一頭、同じような子がいたそうなのですが
その子は逃げていってしまったそうです
君は人懐こくてよかったね
じゃなかったらこうして会えてなかったよ
よかったねお前



こうしてまたしても手ぶらで帰ることにならずにホッとし
センターを後にしました。


帰りの車も空いていて思った以上に早く東京のほうに戻れたので
眞子さんと原宿で別れた後
家に一度寄ってからすぐに
ちびっこを連れてJOY動物病院に行きました。
うちのダックスひでよしの足が少し様子がおかしくなっていたから
ちょうど病院に行こうと思っていたところでもあったので
ちびも健康診断してもらうことにしました。

けっこう薄汚れてほこりっぽかったので
まず先にトリマーの宮原さんに洗っていただきました



2010 02 25_7614.jpg


たぶん(いや絶対)初めてのお風呂だったラッキーボーイは
やはりめちゃくちゃ嫌がってましたよ(笑
先生のお母さま(トリマーさんでもあります♪)と宮原さんふたりがかりで
洗ってもらうことに^^;



2010 02 25_7596.jpg


だけど、なんだかんだ言って気持ちよさそうな顔してましたよ(笑



2010 02 25_7677.jpg


ドライヤーの風を嫌がりお母様の胸に顔を隠すラッキーボーイ(笑
ドライヤーをしてもらいながらブラッシングすると
ものすごーい量の毛が抜け落ちました^^;
ドライヤーの風で舞い上がったラッキーボーイの柔らかすぎるほわ毛が
お母様のお顔にべったりくっつくわ
宮原さんの服を毛だらけにしまくりました^^;
ああ・・・・うちでシャンプーやろうと思わなくてほんとよかった(笑



2010 02 25_7697.jpg


綺麗になった後は
肛門から採便棒でうんことって便検査(虫の有無を調べる)と
一応パルボチェックも
便中にはやはり回虫卵みつかりました^^;
やっぱりね〜
細いもんなー



2010 02 25_7705.jpg


血液検査のために採血しても(フィラリアの有無。まず大丈夫かなと思ったけど微妙な月齢なんで一応安心のためにね)
採便棒をおちりの穴に入れても
大人しくいい子にしていたラッキーボーイくんでした

体重は5,5キロ
歯の様子から(抜け変わり始めていました)推定5ヶ月くらいだろうとのこと。
フィラリア検査陰性
パルボ検査陰性
ほっとしましたー^0^
混合ワクチンは何日か体調を見てから打つ予定です(何もなければ日曜日の予定)
シャンプー後フロントラインプラスも滴下。




2010 02 25_7731のコピー.jpg


先生に抱っこされているラッキーボーイ♪
とっても落ち着いていておとなしいんですよー
それにしても、ほんとに毛質がやーらかくて手触り抜群なんですよー
うちの華も柔らかい毛質してるけど、この子には負けちゃうなーたぶん




2010 02 25_7733.jpg


お顔はキツネちゃん系(笑
しっぽのなかまシェルターにいるサラちゃんやちどりちゃんを子犬にして
男の子にした感じの子です




うちに連れて帰って、とりあえず隔離のサークルに入れると

2010 02 25_7739.jpg


ほんのちょっと泣きはしたけどもすぐにあきらめて
大人しく入っていてくれています。
大人しいのはこの子本来の性格なのか
まだ初めての環境に来たばかりで
初めてのことをいっぱいされて、まだ本性を現せてないだけなのか^^;
これからのこの子の成長が楽しみです^^

たっぷりの夜ごはんも全部食べちゃうくらい食欲旺盛です
あんなに食べてもしばらくうんこおしっこしなかったので
うちの子がおしっこしたペットシートを入れてあげたら
朝にはちゃんとシートのほうにうん子とおしっこしてありました
頭がよさそうだと思ったけど、やっぱりだー偉いね^0^
昨日病院で飲ませてもらったドロンタールプラス(駆虫薬)のため
出したうん子にはやはり回虫の成虫さんが・・・
でも思ったよりも出てきた成虫は少なかったですー
どっちゃり出てくるかと思っていただけにちょっと肩透かしを食らった感じ(笑
うんこの様子は色も形も硬さもとてもいいうん子でした♪




2010 02 25_7743.jpg


ラッキーボーイは仮名の仮名なので
ただいまお名前を考え中
幸運とか強運にちなんだ名前を探してみるもピンと来るものがなかった;;
今候補に挙がっているのは「ディンゴ」と「レオ」かなー
皆さんはどっちがいいと思います〜?
それともほかの名前がいいかな〜?
ほんと名前付けって苦手・・・・・






【お知らせ】



abn_00_1.gif


シェルシェ譲渡会です
シェルシェはフランス語で「探す」の意味です



2010年3月22日(祝)に犬猫譲渡会を開催します♪
ももの幸せ日記のももママちゃん
幸せの703号室のハハちゃん、
色即☆是空の満月さん、
そして、わたしの4人の企画&主催です


詳細は下記の通りです↓

開催場所:ウェルカムセンター原 
(品川区西大井、西大井駅徒歩6分)
1Fの第一多目的室にて犬の譲渡会
2Fの第二多目的室にて猫の譲渡会

開催日時:2010年3月22日(祝)
午前11時〜午後3時

これからまた色々とUPしていきますが、
チャリティフリマも実施予定♪
フリマ品のご協力、大歓迎でーす。
とっても心苦しいのですが、
フリマ品は新品のみとさせていただきます。
(売れ残った場合の保管場所がないため。どうぞご容赦くださいませ)

詳細はメールにてお問い合わせください!

会場は室内なので雨でも開催します。
駐車場がありませんので、お車でお越しの方は
近隣のコインパーキングをご利用ください♪

参加猫にストレスのない譲渡会を目指しています。
申しわけないのですが、愛犬愛猫を連れてのご来場は
ご遠慮くださいませ。
ポスターやバナーは参加犬猫が決まり次第
UPしますので宣伝協力もお願いいたします。
シェルシェHPも現在製作中です。

フリマ品などのお問い合わせはこちらまで
↓↓
tuna@bk9.so-net.ne.jp




里親様募集中の犬猫や人知れず処分されている子たちが

いるということを多くの人に知ってもらうために、

ランキングへの1クリックよろしくお願いします
ぴかぴか(新しい)

下下下下下下下下



botanhana.gif




にほんブログ・ 犬ブログへ






ニックネーム 華ママ at 21:43| Comment(3) | TrackBack(0) | 犬猫ボランティア日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ラッキーボーイ君。本当に賢そうなおめめをしてますね!いいパートナーになれるお子です。幸せは約束されてますね。
Posted by ぶち at 2010年02月27日 09:20
はじめまして。いつもブログをみせて頂いてます。この子の顔・・・凄く綺麗ですね。
私が飼える家なら欲しいくらいです。目に惚れました!!!!!

私もいつも里親を探しています。ボランティアには属してないんですが、なぜかいつもそういうワンコと出会っちゃうんですよね。今までの子たちは、周りの協力もあって運よくいい出会いがあり、みんな新しい素敵な家族の中で可愛がられ幸せに暮らせてますが・・・。華ママを見て、いつも勉強させていただき、そしてとても励みになります。華ママみたいになりたいな。

昔、一度車で運転中に山道で拾ったワンコを動物病院に連れていった事がありました。そこにこられてた男性の方が『保健所に連れてったらみんな飼い主を探してくれるんだよ!うちも6匹連れてったけど、いい飼い主に渡るといいな〜』と言ってて、あぜんとしてしまった事があります。今でさえ大分の保健所でも譲渡会がありますが、その当時はなかったので・・・。動物病院の先生がお話してくれて、かなりショックを受けて帰られてましたが、知らない人がまだまだ多いのが現実なんですね・・・。

救いたいです。どうしたらいいのかわからないですが・・・

ラッキーBOY君が幸せな家族と出会えますように・・・。華ママ、頑張ってください!
Posted by きよきよ at 2010年02月27日 10:17
ラッキーボーイくん、、ものすごく可愛いですね!!
最初の写真から、シャンプー、ブラッシング、、どんどんお顔がリラックスして本来の可愛さが最後の写真で判ります!

華ママさんの撮られるわんこ達は「深い愛情」というフィルターを通して、100万倍の輝きを放ちますね。うん、笑顔が花丸!!

以前、埼玉でやった「みーこたん主役のオフ会」に参加させて頂いたときに、うちの息子と娘(あ、わんこです。甲斐とボーダーです、、)を華ママさんが撮ってくれて、、後でこちらのブログに載せて頂いてるのをみたんですが、、、ほんとにすごい笑顔を撮っていただいてました!

「犬と、いのち」を読ませて頂いても思いましたが、ほんとに写真に愛を感じます。カメラをもつ華ママさんのわんこ達への深い深い愛情。。

ラッキーボーイ君、きっと素敵な赤い糸を掴むんでしょうね!
Posted by kichiluママ at 2010年02月27日 21:45
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1989247
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック